page contents 色々体験記 | 無極堂JAPANスタッフブログ

無極堂JAPANスタッフブログ

カリ シラット/アーニス/エスクリマを中心として、輸入武道具とDVDの無極堂JAPAN、店長とスタッフブログです。
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

達人訪問2014: ライトニング・アーニス : ロベルト・ラバニエゴ師

0
    続いて、ロベルト、ラバニエゴ師をご紹介します。

    Lightning Scientific ARNIS (ライニング・サイエンティフィック・アーニス)という
    スタイルのグランド・マスターです。
    正確にはラバニエゴ・エスクリマですか歴史は割愛。

    Lightning3

    師の祖父はシバット(ヤリの名手)だっと聞きます。

    高齢で、歩くのが大変そうですが、ひとたびスティックを持つと、
    屈強のロシア人達と、バチバチ撃ちあうほどのハードファイターであり、
    カマゴンのスティックのような重いスティックをブンブンと切りつけます。

    また古流な「エスパダ・イ・ダガ」(片手に剣や棒、片手にナイフなどの技法)を知る、
    数少ない伝達者の一人だと思います。

    JUGEMテーマ:格闘技全般
    続きを読む >>
    色々体験記 | permalink | - | trackbacks(0) | - | - |

    達人訪問2014: KOMBATAN ARNIS : Juerg Zuegler師

    0
      Juerg Zuegler (ジャレグ・ジグラー)氏はスイスを中心に、
      KOBMATAN ARNIS(コンバタン・アーニス)を指導されている
      グランド・マスターで、門下生も15000人とか。

      コンバタンアーニスとは、モダンアーニスの祖であるレミー・プレサス一家の
      Ernesto Presas によって創始された、流派です。

      たまたま日本人という事で、好感触をいただいて、色々質問しているうちに、
      アシスタントとして、受けを取らせていただきました。

      Juerg1
      ↑写真の右手にかぶっていますのが、クンタオ(素手重視のフィリピン式シラット)のマスターです。

      スティックを当てた印象としては、日本の杖道の上級者の方々のような、
      あたった瞬間にイナされる、身体も崩される印象で、
      ヨーロッパ系の大きな先生の見た目とは裏腹に、
      日本や中国系のやさしさと、深みのタッチを感じました。

      JUGEMテーマ:格闘技全般
      続きを読む >>
      色々体験記 | permalink | - | trackbacks(0) | - | - |

      達人訪問2014: FCSカリ : レイ・ドナルド師

      0
        店長自身が「モダン・アーニス系」を練習してるため、
        偏った達人に記事になりますが、ご了承下さい。
        世界には、ドセ・パレス、ピキティ・テルシャ、イラストリシモなど
        有名なたくさんのスタイルがたくさん存在します。

        最初にご紹介しますのは、
        FCS(フィリピノ・コンバット・システム)という
        カリ・シラットのスタイルをアメリカを中心に活動しているレイ・ドナルド師です。
        数多くのカリやシラットを学び、自分のスタイルを構築し、世界を飛び回っています。

        ハイスピードでコンパクトな動きと、
        シラット的な素手の動きから、
        テイクダウン、グラウンド等、
        マルチにこなせるコンバット系の達人です。

        withRay

        無極堂JAPAN はFCSカリの樹脂系のナイフ教則DVDの日本の代理店です。

        デモにて、受けを取らせていただきました。





        JUGEMテーマ:格闘技全般
        続きを読む >>
        色々体験記 | permalink | - | trackbacks(0) | - | - |

        アーニス体験記:アバニコ・トレス・プンタス

        0
          クラシックスタイルのアバニコ・トレス・プンタス
          イギリスを中心に世界で活躍されている、
          グランドマスターのレネ・トンソン師に学びました。

          Abanico Tres Puntas

          クラシックなので、足幅広く、動作も大振りで力強い。
          先生は、とても説明がうまく、ジョークも飛ばしつつ、
          トレーニングに引き込まれる感じです。

          見せ方や流れなどもうまくできていて、
          生徒達を飽きさせない、素晴らしい内容でした。

          関連DVD:
          DVD 伝統武術アーニス トレス・プンタス / Tres Puntas
          DVD アバニコ・トレス・プンタス・ドュモグ Dumog

          JUGEMテーマ:格闘技全般
           
          続きを読む >>
          色々体験記 | permalink | - | trackbacks(0) | - | - |

          武術体験記: アーバンシラット研究会 第3回練習会

          0
            今回は、1月29日に行われたアーバンシラット研究会様の練習会に参加させていただきました。

            ”ケイブマン”パンチ、2BEATPASS、キラップといった、シラットの素手の技術を中心に、
            テイクダウンや肩や首などへの関節技、そしてナイフ取りやカランビットナイフを使った技法など盛りだくさんな内容でした。





            練習会ということで、合計3時間以上、各技法をじっくりと時間をかけて練習させていただきました。時間をかけて数稽古するっていいですね!

            既に次回2月12日の練習会の予定が、mixi上で告知されています。
            興味があるかたはぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

            以下その内容を転載します。

            ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

            2月の12日(日) アーバンシラット研究会による練習会を開催いたします。
             
             今回は少し趣旨を変えて護身用具(クボタンやフラッシュライト、タクティカルペンなど)を使った技法を練習します。
             シラットの技法は護身用具との相性が非常に良く、基本の技法を応用することで今流行のタクティカルペンもすぐに使いこなせるようになります。

            続きを読む >>
            色々体験記 | permalink | - | trackbacks(0) | - | - |

            セミナー体験記 2011/10/15,16 カリ・マジャパヒット トレーニング セミナー

            0
              日時:10月15日(土) 13:30-17:30、10月16日(日) 09:00-13:00
              場所:東京文化スポーツセンターBumB 柔道場
              カリ・マジャパヒット ジャパン 主催(代表:ジョン・ハニマン)
              練習スケジュールなどについての連絡先:japan@kali-majapahit.com (日本語での対応可能)

              カリ・マジャパヒット(Kali Majapahit)は、プンチャック・シラットイナヤン・エスクリマJKDなどをベースにフレッド・エブラル(Guro Fred Evrard)が創始した、東南アジア系総合武術(Southeast Asian Martial Arts)です。

              2011年フランスセミナーの動画



              カリ・マジャパヒットはシンガポールを中心に活動されていますが、日本でも六本木で練習グループが活動されているそうです。

              今回、フレッド・エブラル師と奥さまでフルインストラクターであるリラ・エブラル師が来日され、日本では初めてのカリ・マジャパヒットのトレーニングセミナーが開催されることになり、これに無極堂として参加させて頂きました。


              ■以下、セミナーに参加した店員Aの感想です。

              続きを読む >>
              色々体験記 | permalink | - | trackbacks(0) | - | - |

              KAPAP JAPAN(カパプ ジャパン)・アヴィ・ナルディアセミナーにお邪魔しました

              0
                たくさんの人が集まり、かなりひしめき合いながらの練習でした。

                アヴィ・ナルディア師の、技の効果の高さは、言うまではありませんが、
                柔らかい動きに、良い意味で予想を裏切られました。

                空手、剣道、柔道、弓道の高段者で、ブラジリアン柔術の黒帯。
                武道歴40年で、まだまだ修行中とのお話しで、
                生粋の武道家です。

                また恐ろしい経歴を持ちつつ、
                ギャグを連呼する、明るい性格にもっと驚きました。

                日本ではなじみの薄い、
                ピストルのディスアーミング(取り上げ方、対処)から、
                急所攻撃や崩し方のポイント、
                対ナイフの練習などが取り上げられました。

                武器に対する対処は、無極堂JAPANでも紹介している、
                DVD カパプ KAPAP コンバットコンセプト アヴィ・ナルディアVol.3 武器スキルと護身方法
                ピストルやナイフなどの武器に対するカパプの対処方法DVD
                にも収納されています。

                続きを読む >>
                色々体験記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |