page contents 教則DVDレビュー 第2回 FMAフェスティバル / セミナー | 無極堂JAPANスタッフブログ

無極堂JAPANスタッフブログ

カリ シラット/アーニス/エスクリマを中心として、輸入武道具とDVDの無極堂JAPAN、店長とスタッフブログです。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Japan Tusnami disaster Donate site Information | main | システマチャリティーワークショップ 5/4+ 4/10熊本 >>

教則DVDレビュー 第2回 FMAフェスティバル / セミナー

0
      教則DVDレビューの第二回は、2004年にドイツ/ドルトムントで行われた、第二回 フィリピノマーシャルアーツフェスティバル における カリ/エスクリマ/アーニス/シラットの各流派のインストラクターによるセミナー(トレーニングクラス)の紹介DVDです。





     
      このFMAフェスティバルは、フィリピン武術等のDVD製作会社であるABANICO(アバニコ)社の社長でありモダンアーニス ドイツ代表でもあるDieter Knuttel(ディーター・ナッテル)氏と、フィリピン武術等のトレーニング器具の販売会社であるQuick Stick(クイック・スティック)社の社長であるAlfred Plath(アルフレド・プラス)氏により、2004年にドイツで開催されました。

      このDVDには、20人18流派の著名なインストラクターが参加し23ヶ国約600人が参加したセミナーのトレーニングクラスの映像が、各流派ごとに約10分ずつ収められています。

      一般的なスティックやナイフや素手のトレーニング以外に、スパーリングテクニックあり、殺陣あり、ナイフディスアームされそうになった場合の反撃方法ありと様々なトレーニングクラスの映像が収められており、フィリピン武術の持つ要素が非常に多彩であることが分かります。

      例えば、素手の攻防術は3つの流派のクラスが紹介されていますが、いわゆるダーティボクシング、拳法的な風格が強いもの、ジークンドーベースのテクニックと、それぞれ流派ごとに趣が違うことが分かります。

      フィリピン武術の様々な流派についての知るためのカタログとして、とてもオススメのDVDです。

    ・既にフィリピン武術を稽古している方は、自分の流派の特徴と他の流派の特徴とを比較することできます。
    ・これから稽古したいあるいはフィリピン武術について知りたい方は、自分の好みの流派/スタイルを探す参考になります。

      以上、フィリピン武術に詳しい方にとっても、これから知りたい方にとっても、非常に楽しめる内容になっています。


      正直なところ、こんなに面白いDVDだとは思っていなかったので、レビューのために鑑賞しながら店員Aはとても興奮しました。

      是非たくさんの人に見てもらいたいDVDです。


      次回のDVDレビューでは、このフェスティバル中に行われたステージでの演舞が収められたDVD(2004年 第二回 フィリピノマーシャルアーツフェスティバル(ドイツ):祭典)をご紹介する予定です。

    *このレビューは店員A個人の感想によるもので、このDVDがお客さまの期待やご希望に沿うことを保証するものではございません。
    武術DVD感想 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    この記事に対するトラックバック