page contents 講習会体験日記 : カリ・シラット「兵法・武学研究会」 | 無極堂JAPANスタッフブログ

無極堂JAPANスタッフブログ

カリ シラット/アーニス/エスクリマを中心として、輸入武道具とDVDの無極堂JAPAN、店長とスタッフブログです。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< DVD カリ/エスクリマ/アーニス ダブルスティック超入門をリリースしました | main | ■はじめのカリ 体験会 第一回 開催いたします >>

講習会体験日記 : カリ・シラット「兵法・武学研究会」

0
    いつもお取引で、お世話になっています、
    中国武術の"意拳"で有名な「光岡英稔」先生の
    「カリ・シラット」講習会に
    「無極堂JAPAN店長」が、お邪魔させていただきました。

    2年くらい前から、ずっと興味があったのですが、
    申し込もうとすると満員とかで、やっと実現できました。

    お弟子さんには、無極堂JAPANをご利用頂いている常連さまがほとんどで、
    あたたかく、お迎えいただけて、感謝と同時にホッとしました。
    いつもありがとうございます m(_ _)m
    なるほど当店でもマニアックな部類な、ロングスティック はこちらでも、
    活用されていたかと、嬉しいコメントも。

    ベーシックな動きをベースに、
    形と実戦の想定範囲、自分の体への注意ポイントなど、
    細かな解説をつけながら、
    体を1日かけて、練り上げていくような内容でした。


    JUGEMテーマ:格闘技全般
    光岡先生は、意拳の前に、「カリ・シラット」をハワイで長い間、
    先生として教えていたそうです。
    私の印象として、
    どう技を役立てるのかを一切妥協せず、
    難しい高みの技術の部分に関しても、
    どうやって近づく事ができるのか、
    生徒へアプローチを段階的に持っている達人家兼博士のような先生でした。
    生徒さん達が、羨ましいです。

    今回の内容としては、ローアートというシラットの座り技を徹底的にやりましたので、
    「アントニオ猪木vsモハメド・アリ的な戦法?」とでもいいましょうか。
    私は普段カリのハイアートの練習がほとんどなので、とても新鮮でした。

    早速、個人的な練習に取り込んでみたいと思う内容でした。
    機会がありましたら、皆様も、訪れてみてはどうですか?

    「カリ・シラット」の先生の皆様、店長を招いてください!
    商品持参いたします(^_^;)
    色々体験記 | permalink | - | trackbacks(0) | - | - |
    この記事のトラックバックURL
    http://www.yoshida-shokai.net/trackback/148
    この記事に対するトラックバック