page contents 達人訪問2014: FCSカリ : レイ・ドナルド師 | 無極堂JAPANスタッフブログ

無極堂JAPANスタッフブログ

カリ シラット/アーニス/エスクリマを中心として、輸入武道具とDVDの無極堂JAPAN、店長とスタッフブログです。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【格闘訓練用】バール、パイプレンチ、ハンマー新入荷しました | main | 達人訪問2014: KOMBATAN ARNIS : Juerg Zuegler師 >>

達人訪問2014: FCSカリ : レイ・ドナルド師

0
    店長自身が「モダン・アーニス系」を練習してるため、
    偏った達人に記事になりますが、ご了承下さい。
    世界には、ドセ・パレス、ピキティ・テルシャ、イラストリシモなど
    有名なたくさんのスタイルがたくさん存在します。

    最初にご紹介しますのは、
    FCS(フィリピノ・コンバット・システム)という
    カリ・シラットのスタイルをアメリカを中心に活動しているレイ・ドナルド師です。
    数多くのカリやシラットを学び、自分のスタイルを構築し、世界を飛び回っています。

    ハイスピードでコンパクトな動きと、
    シラット的な素手の動きから、
    テイクダウン、グラウンド等、
    マルチにこなせるコンバット系の達人です。

    withRay

    無極堂JAPAN はFCSカリの樹脂系のナイフ教則DVDの日本の代理店です。

    デモにて、受けを取らせていただきました。





    JUGEMテーマ:格闘技全般
    DVDでもそうですが、
    超速な動きと、コンビネーションからの、
    ナイフリリースの早さが印象的でした。

    デモでも、特に欧米人からの拍手喝采。
    ダイナミックで見せるのも上手でした。

    FCS demo1

    パンチのスピードで、しまったナイフをリリースして、
    刺してきますので、トレーニングナイフとはいえ、
    受けをミスると刺さりそうで、とても良い緊張感でした。

    対複数人でのスティックドリルや、独自の流れるドリル、
    打撃からの素早いナイフリリースや素手と、
    ナイフのコンビネーションなどを教えて頂きました。

    FCSカリは、日本にも活動の拠点があり、習う事ができます。
    ぜひ訪れてみて下さい。

    アメリカでのキャンプ等もあります。

    ナイフ系
    特にカランビットナイフ系
    シラット系
    デュモッグ系

    がおすすめです。

    後日、その際のビデオを少し掲載いたします。

    無極堂JAPAN はFCSカリの樹脂系のナイフ教則DVDの日本の代理店です。
    色々体験記 | permalink | - | trackbacks(0) | - | - |
    この記事のトラックバックURL
    http://yoshida-shokai.net/trackback/141
    この記事に対するトラックバック