page contents 悲しい渋谷駅の刺傷事件について対処コメント | 無極堂JAPANスタッフブログ

無極堂JAPANスタッフブログ

カリ シラット/アーニス/エスクリマを中心として、輸入武道具とDVDの無極堂JAPAN、店長とスタッフブログです。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< セミナー情報:ロミオ・バラレス師(レドンダアーニス)セミナー | main | セミナー情報:アーバンシラット研究会 6月の講習会等 >>

悲しい渋谷駅の刺傷事件について対処コメント

0
    サバイバルナイフでの今回の刺傷事件を見て、
    ぶつかる、ぶつからないで、
    グサッとなってしまう、悲しいナイフ事件ではありましたが、
    練習用具を売っている店として、
    色々考えさせられましたので、書いてみます。

      サバイバルナイフ訓練用

    後ろから人混みの中、斬りかかられれば、
    達人でなければ、対処のしようがありませんが、
    口論となった後は、
    「背中を向けては、いけない」、
    「早くその場からいなくならなければいけない」

    と感じました、、、



    今回使用されたナイフは写真を見ると、
    全長30cm位のサバイバルナイフタイプです。

    アウトドアの需要があり、本来の用途として、
    禁止はされる事はないと思いますが、
    大物ですので、視覚的にも怖いですし、
    切れ味も確かな事でしょう。

    -関連ニュース記事

    無極堂JAPANでも、
    サバイバルタイプのタイプの練習用ゴムナイフ
    を用意しています。

    サバイバルナイフ訓練用 サバイバルナイフ練習用

    ナイフのディスアーム(ナイフの取り上げ)や
    素手での技術は、
    1ヶ月
    やそこらで習得できる簡単なモノではありません。


    古流の短刀捕りの技術体系だけでは現実的に不足しているのも事実です。

    基本、「ナイフを見たら、逃げる」 が鉄則であり、
    立ち向かおうというのは、やめて欲しい所ではありますが、

    練習を体験するのと、全くしないとでは全く違うと思いますし、
    だから訓練しなくて良いという話しにはならないですね。

    ぜひ修練されている武道に取り入れ、
    難しさだけでも、体感して頂き、
    このような事件が起こらない事を祈ります。

    ピックアップ関連教則DVD

    1. 日本でも習えるロシアの武術システマのナイフ対処DVD
    システマナイフ護身術

    2. 近代接近戦ではスタンダードであるシラットのナイフへの護身術

    スティーブタラーニナイフディフェンス

    3. フィリピノ・スタイル クンタオ系武器に対する護身術

    ナイフ・ピストル護身術

    4. 傘や雑誌など、道具を使って危険から身を守る護身術

           武器を使った護身術


    無極堂JAPAN 店長より
     
    スタッフの日記帳 | permalink | - | trackbacks(0) | - | - |
    この記事のトラックバックURL
    http://yoshida-shokai.net/trackback/109
    この記事に対するトラックバック