page contents 色々体験記 | 無極堂JAPANスタッフブログ

無極堂JAPANスタッフブログ

カリ シラット/アーニス/エスクリマを中心として、輸入武道具とDVDの無極堂JAPAN、店長とスタッフブログです。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「ラプンティー・アルニス・デ・アバニコ」を体験してきました

0

    横浜を中心に活動をしている「 サウス・マーシャル・アーツ・クラブ 」さんの

    「ラプンティー・アルニス・デ・アバニコ」流を東京のセミナーで体験してきました。

    以後、ラプンティーと省略します。

     

    日本では初上陸ではないかなと思います。

    無極堂店長自身も以前から興味があって、

    現地で練習予定だってのですが、うまく予定があわずに、やれずにいた矢先でした。

     

    ARNISと書いて、アーニスと呼んでいますが、現地の人の発音はアルニスなんですよね。

    その辺、アルニスと表現するあたりにも興味があり、

     

    未知なるアーニスとの遭遇はさていかに?




    続きを読む >>
    色々体験記 | permalink | - | trackbacks(0) | - | - |

    ダグ・マルカイダ先生のセミナーに参加しました

    0

      ダグ・マルカイダ先生のセミナーに参加しました

      アメリカを中心に世界で活躍中のカリ界のカリスマ先生の一人「ダグ・マルカイダ」師のセミナーへ参加する事ができました。
      50人くらいは参加者があったように思います。

       

      お会いできたのは初めてでしたが、何を隠そう、ミーハーな私が最も憧れるカリの先生の一人でして、個人的に大ファンなのです。

       

      実はダグ先生は、6年前に来日され、その頃はあまりYoutubeでは公開されていない時代でした。カリの先輩方から"ホント凄いよ"とは聞いていましたが、まだわからないなぁという感じでした。ダグ先生が、数年後、動画やメディアに出没するようになり、衝撃を受けたのでした。何を衝撃を受けたのかというと、先生が凄いのは見ればすぐわかりますが、受けを取っている生徒達のレベルがとても高い事です。それは教える、伝えるシステムも優れているという事ですね。

       

      ↑ジョークでツーショットを撮らせて頂きました
       

       

      JUGEMテーマ:格闘技全般

      続きを読む >>
      色々体験記 | permalink | - | trackbacks(0) | - | - |

      今年最後の練習は、「カリ」と「システマ・カドチニコフ」

      0
        今年最後の練習は横浜を訪ねました。
        毎年、どこかの練習会へいって、
        お客様との年末のご挨拶を兼ねて、教えを受けに行ってます。

        来年は、どこかの練習会を、お誘いくださいね。

        今回はいつもプライベートでも、お世話になっている
        「横浜・カリ・護身術練習サークル」「システマ・カドチニコフ」横浜。

        日本では有名な「システマ」は、ミカエル師のスタイルですが、
        カドチニコフ師のスタイルがあり、
        弊社でもその系統の「システマ・スペツナズ」としてDVDを販売しています。

        どんな違いがあるのかと興味があり、半年ほど前から言ってみたいと思っていました。
        なんでも、日本で、「システマ・カドチニコフ」の
        最初のインストラクター「イギリスで学んだ日本人」だと聞いていたからです。

        システマカドチニコフ(スペツナズ)
        JUGEMテーマ:格闘技全般
        続きを読む >>
        色々体験記 | permalink | - | trackbacks(0) | - | - |

        講習会体験日記 : カリ・シラット「兵法・武学研究会」

        0
          いつもお取引で、お世話になっています、
          中国武術の"意拳"で有名な「光岡英稔」先生の
          「カリ・シラット」講習会に
          「無極堂JAPAN店長」が、お邪魔させていただきました。

          2年くらい前から、ずっと興味があったのですが、
          申し込もうとすると満員とかで、やっと実現できました。

          お弟子さんには、無極堂JAPANをご利用頂いている常連さまがほとんどで、
          あたたかく、お迎えいただけて、感謝と同時にホッとしました。
          いつもありがとうございます m(_ _)m
          なるほど当店でもマニアックな部類な、ロングスティック はこちらでも、
          活用されていたかと、嬉しいコメントも。

          ベーシックな動きをベースに、
          形と実戦の想定範囲、自分の体への注意ポイントなど、
          細かな解説をつけながら、
          体を1日かけて、練り上げていくような内容でした。


          JUGEMテーマ:格闘技全般
          続きを読む >>
          色々体験記 | permalink | - | trackbacks(0) | - | - |

          達人訪問2014: アバニコ・トレスプンタス : レネ・トンソン

          0
            続いて、レネ・トンソン師をご紹介します。

            見た目は日本人のような出で立ちで、ジェントルな雰囲気抜群の師範です。
            特にイギリスで支部が多く、ヨーロッパを中心に愛されています。
            DVDはイギリスドイツで販売されています。

            アバニコ・トレス・プンタスとは、
            扇子・3つの・刃先 というような意味で、
            古流の流派の一つと言われています。

            古流なので、日本同様 足幅を大きく開き、
            大きなモーションと大声で、スタンスは広く、パワフルに撃ちぬく練習が
            重要だと説きます。

            ・ソンブラダ (傘で雨を払うような)
            ・ソンキット (先端で突き刺してエグるような)
            ・アバニコ    (扇子が開くような動きで打つ)

            というような大声が響きます。





            JUGEMテーマ:格闘技全般
            続きを読む >>
            色々体験記 | permalink | - | trackbacks(0) | - | - |

            達人訪問2014: ライトニング・アーニス : ロベルト・ラバニエゴ師

            0
              続いて、ロベルト、ラバニエゴ師をご紹介します。

              Lightning Scientific ARNIS (ライニング・サイエンティフィック・アーニス)という
              スタイルのグランド・マスターです。
              正確にはラバニエゴ・エスクリマですか歴史は割愛。

              Lightning3

              師の祖父はシバット(ヤリの名手)だっと聞きます。

              高齢で、歩くのが大変そうですが、ひとたびスティックを持つと、
              屈強のロシア人達と、バチバチ撃ちあうほどのハードファイターであり、
              カマゴンのスティックのような重いスティックをブンブンと切りつけます。

              また古流な「エスパダ・イ・ダガ」(片手に剣や棒、片手にナイフなどの技法)を知る、
              数少ない伝達者の一人だと思います。

              JUGEMテーマ:格闘技全般
              続きを読む >>
              色々体験記 | permalink | - | trackbacks(0) | - | - |

              達人訪問2014: KOMBATAN ARNIS : Juerg Zuegler師

              0
                Juerg Zuegler (ジャレグ・ジグラー)氏はスイスを中心に、
                KOBMATAN ARNIS(コンバタン・アーニス)を指導されている
                グランド・マスターで、門下生も15000人とか。

                コンバタンアーニスとは、モダンアーニスの祖であるレミー・プレサス一家の
                Ernesto Presas によって創始された、流派です。

                たまたま日本人という事で、好感触をいただいて、色々質問しているうちに、
                アシスタントとして、受けを取らせていただきました。

                Juerg1
                ↑写真の右手にかぶっていますのが、クンタオ(素手重視のフィリピン式シラット)のマスターです。

                スティックを当てた印象としては、日本の杖道の上級者の方々のような、
                あたった瞬間にイナされる、身体も崩される印象で、
                ヨーロッパ系の大きな先生の見た目とは裏腹に、
                日本や中国系のやさしさと、深みのタッチを感じました。

                JUGEMテーマ:格闘技全般
                続きを読む >>
                色々体験記 | permalink | - | trackbacks(0) | - | - |

                達人訪問2014: FCSカリ : レイ・ドナルド師

                0
                  店長自身が「モダン・アーニス系」を練習してるため、
                  偏った達人に記事になりますが、ご了承下さい。
                  世界には、ドセ・パレス、ピキティ・テルシャ、イラストリシモなど
                  有名なたくさんのスタイルがたくさん存在します。

                  最初にご紹介しますのは、
                  FCS(フィリピノ・コンバット・システム)という
                  カリ・シラットのスタイルをアメリカを中心に活動しているレイ・ドナルド師です。
                  数多くのカリやシラットを学び、自分のスタイルを構築し、世界を飛び回っています。

                  ハイスピードでコンパクトな動きと、
                  シラット的な素手の動きから、
                  テイクダウン、グラウンド等、
                  マルチにこなせるコンバット系の達人です。

                  withRay

                  無極堂JAPAN はFCSカリの樹脂系のナイフ教則DVDの日本の代理店です。

                  デモにて、受けを取らせていただきました。





                  JUGEMテーマ:格闘技全般
                  続きを読む >>
                  色々体験記 | permalink | - | trackbacks(0) | - | - |

                  アーニス体験記:アバニコ・トレス・プンタス

                  0
                    クラシックスタイルのアバニコ・トレス・プンタス
                    イギリスを中心に世界で活躍されている、
                    グランドマスターのレネ・トンソン師に学びました。

                    Abanico Tres Puntas

                    クラシックなので、足幅広く、動作も大振りで力強い。
                    先生は、とても説明がうまく、ジョークも飛ばしつつ、
                    トレーニングに引き込まれる感じです。

                    見せ方や流れなどもうまくできていて、
                    生徒達を飽きさせない、素晴らしい内容でした。

                    関連DVD:
                    DVD 伝統武術アーニス トレス・プンタス / Tres Puntas
                    DVD アバニコ・トレス・プンタス・ドュモグ Dumog

                    JUGEMテーマ:格闘技全般
                     
                    続きを読む >>
                    色々体験記 | permalink | - | trackbacks(0) | - | - |

                    武術体験記: アーバンシラット研究会 第3回練習会

                    0
                      今回は、1月29日に行われたアーバンシラット研究会様の練習会に参加させていただきました。

                      ”ケイブマン”パンチ、2BEATPASS、キラップといった、シラットの素手の技術を中心に、
                      テイクダウンや肩や首などへの関節技、そしてナイフ取りやカランビットナイフを使った技法など盛りだくさんな内容でした。





                      練習会ということで、合計3時間以上、各技法をじっくりと時間をかけて練習させていただきました。時間をかけて数稽古するっていいですね!

                      既に次回2月12日の練習会の予定が、mixi上で告知されています。
                      興味があるかたはぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

                      以下その内容を転載します。

                      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                      2月の12日(日) アーバンシラット研究会による練習会を開催いたします。
                       
                       今回は少し趣旨を変えて護身用具(クボタンやフラッシュライト、タクティカルペンなど)を使った技法を練習します。
                       シラットの技法は護身用具との相性が非常に良く、基本の技法を応用することで今流行のタクティカルペンもすぐに使いこなせるようになります。

                      続きを読む >>
                      色々体験記 | permalink | - | trackbacks(0) | - | - |